【うさぎと暮らすってこんな感じ】うさぎ好きのためのうさぎ情報

うさぎlifeトップ画像

まい

私が初めてウサギと暮らし始めた時スゴく困ったのは犬や猫と比べて圧倒的に情報量が少なかったこと。

例えば抱っこの方法ならウサギが嫌がらない方法が知りたいのに 、

「胸の下に手を入れ、お尻をすくい上げるように持ち上げます。」

などと書かれているだけ。

まい

私はこの説明だけではウサギを抱っこできませんでした(暴れ狂うので…)

きっと私のようにウサギとの暮らしで楽しい半面、悪戦苦闘しているウサ飼いさんは多いはず。

そこで1代目ウサギ(まめちゃん)と、2代目ウサギ(はなちゃん)、3代目保護ウサギ(ふわちゃん)との生活をまとめました。

まい

育兎の失敗談も「あえて」載せています。キレイな部分だけを載せることも考えましたが、誰かの失敗談は誰かの参考になるケースが多いからです。

私は男児3人の母でもあります。今は下の子はまだ2歳です。

トイレに行っただけでも「かぁちゃん、どこー?」と号泣されるか、息子に見守られながら用を足すような、ドタバタした毎日です。

コメントへのお返事が遅くなる時もありますが、見逃していない限り必ず返信します。

まい

同じ悩みを持つウサ飼いさんがいるかもしれないので、相談などは「コメント欄」に寄せていただけると嬉しいです。
もう1つの願い

ウサギは犬と違って、しつけ相談などができる場がありません。
 
情報量も少ないです。
 
ウサギを捨てる人の多くが「しつけが上手くいかなくて、ウサギとの関係が悪い(可愛く思えない)」にあるのではと私は考えています。
 
私のブログが気軽に育兎相談できる場になれば…との願いも込めてブログ運営しています。

私「まい」がどんな人物なのか、もっと知りたい方はTwitterを見てみてください。

私と「2代目ウサギ」「3代目保護ウサギ」との日常を垂れ流しています。

(※注意)ただの趣味ブログなので有益な情報は一切ありません。

我が家のウサギ紹介

1代目ウサギ「まめちゃん」。とてつもなく神経質で、いわゆる懐きにくい子でしたが、本当に本当に可愛くて仕方なかったです。11歳でお月さまへ。
まいの家うさぎ「まめちゃん」
2代目ウサギ「はなちゃん」。基本甘えん坊ですが気が強い一面も。息子の友達が家に来ると足ダン連発&ケージへ籠城します。
まいの家ウサギ「はなちゃん」
3代目保護ウサギ「ふわちゃん」。お隣県で外飼いの親ウサギが脱走。妊娠・出産を4度繰り返して生まれた子の1匹。当初は支援物資を送るだけの予定が、里親が見つからず、我が家の子になりました。
3代目うさぎ「ふわちゃん」
うさぎ保護時の医療費明細
女の子と思い込んでいたので、タマタマがあってビックリしました笑
私が住む地域のゴミ捨て場に、「よろしく」の置き手紙とともに捨てられていた子。もう一匹の子は車に轢かれていました。里親さんを見つけるまでの短い間でしたが、一緒に過ごせて楽しかったです。
まいの家のうさぎ「しろちゃん」
うさぎ保護時の医療費明細
うさぎ保護時の医療費明細
「血液検査に約6,000円かかりました」
息子たちと公園に行った帰りに出会った成猫。痩せていて心配で近隣住民に聞いて回っても飼い主が見つかりませんでした(2ヶ月前からウロウロしていたとの情報あり)我が家で一旦保護し、すぐに里親立候補してくれた友人宅でぬくぬく過ごしています。
捨てられていて保護したうさぎ

まい

我が家は決して裕福ではありません。わりと貧乏です。

すべての子を救うことはできないので、せめて自分の手が届く範囲で困っている子がいたら、見捨てないで行動するのを心がけています。

幼い頃スーパーに捨てられていた子猫を、連れて帰りたくても家の事情で連れて帰られなかったこと。

ずっと私の後を追ってくる黒白の子猫の姿を今でも忘れられないこと。

「大人になったら仕事をいっぱいして今度は絶対に連れて帰ろう」

と決めていたからです。

「エゴ」とか「偽善」とか色んな意見がありますが、私は私が後悔しない選択をしていきたいと考えています。

まい

自分に賛同する意見だけではなく、否定的な意見も受け止めながら成長していきたいとも思っています(できれば優しくいってもらえると泣いて喜びます)

The following two tabs change content below.
アバター
10年以上ウサギ3匹と暮らして感じた「幸せ」と「苦労」をもとに、お悩み解決案を提案します。記事最下部にコメント欄あり。気軽に育兎相談どうぞ。