【所有権主張】うさぎ顎すりの意味とは?物や人にアゴをすりつける理由を解説

【所有権主張】うさぎ顎すりの意味とは?物や人にアゴをすりつける理由を解説

The following two tabs change content below.
アバター
10年以上ウサギ3匹と暮らして感じた「幸せ」と「苦労」をもとに、お悩み解決案を提案します。記事最下部にコメント欄あり。気軽に育兎相談どうぞ。

「ウサギが物や人に顎をスリスリする意味は?人に対する顎すりはやめさせた方がいい?」

結論から言うとウサギが顎をスリスリするのは、所有権・縄張り・独占欲の主張です。

ウサギが「コレは僕(私)のもの!!」と言っていると解釈すればOKです。

ただ単に所有権を主張しているだけなので何も気にしなくていいのですが、飼い主に対する顎スリには少し注意してください。

「私の方が偉いのよ!」と飼い主に優位性を主張している可能性があるからです。

まい

今回は更に詳しく「ウサギが顎をスリスリする理由」について解説しますね。
矢印の装飾
この記事でわかること
  • 物に対する顎すりの理由は?
  • 人に対する顎すりの理由は
  • 顎すりはやめさせた方がいい?

うさぎ顎下の臭腺でニオイ付けをする習性がある

うさぎが顎をスリスリする理由とは?
「僕たちは縄張り意識が強いッスよ」

顎スリの役割
ウサギの顎下には「臭腺」がある。臭腺からの分泌物を、人や物にこすりつけて、マーキング(縄張り主張)する習性がある。


※参考書籍「よくわかるウサギの健康と病気P7」 著者「大野瑞絵」

※参考元:うさぎ専門店ラッキーハート

ウサギは縄張り意識が強い生き物。

一生懸命ニオイをこすりつけて縄張りや所有権を主張したり、自分の縄張りを広げようとしたりします。

顎すりした対象に「これは僕(私)のもの!!」と言っていると考えると◎

ただ顎すりの対象が「物」なのか、「人」なのかによって意味合いが変わってきます。

まい

「物」と「人(飼い主)」によって変わる顎すりの意味を順番に紹介しますね。

物に対する顎すりの意味とは?

物に対する顎すりの意味
  1. 縄張りの主張
  2. ニオイをつけたい
  3. 気に入っているだけ

まい

物に対して顎スリする意味を行動パターン別に見ていきましょう。

うさぎは顎すりで自分の縄張りを主張する

うさぎは顎すりで自分の縄張りを主張する
「縄張りを偵察中ッスよ」
物に対する顎スリの意味

部屋んぽスペースやケージのアチコチへ顎スリして自分の縄張りを主張する。

我が家のウサギ達も色んな場所へ顎スリします。

  • うさんぽ中に木や花に顎すり
  • 初めての場所に緊張しながら顎すり
  • 部屋んぽスペースにある物へ念入りに顎すり

あと自分の縄張りもですが、「初めて足を踏み入れた場所」へもよく顎スリします。

まい

自分の縄張りをパトロールしたり、広げようとしたりしているんでしょうね。

うさぎは顎すりで新品のオモチャや飼育用品にニオイをつける

うさぎは顎すりで新品のオモチャや飼育用品にニオイをつける
物に対する顎スリの意味

自分のニオイがしないものへ、顎スリでニオイをつけたい。

ウサギは新しいオモチャや飼育用品を与えると、顎スリする子が多いです。

  • ん?僕(私)のニオイがしない…ニオイをつけちゃえ!
  • やったー!!コレは僕(私)のもの♪

などと思っている可能性大です。

まい

我が家のウサギも新しい物を与えると、とりあえず感覚で顎スリしますよ。

うさぎはお気に入りのものに顎すりをする

うさぎはお気に入りのものに顎すりをする
「舐めたり顎スリしたりするわよ」
物に対する顎スリの意味

ウサギはお気に入りの物に顎スリする。

特定の物に対して顎スリする時は、

「コレが好きなのね」

と考えてあげればOKです。

まい

ぬいぐるみなどを舐めたり、顎スリしたりして可愛がるウサギは意外と多いですよ。

飼い主に対する顎すりの意味とは?

飼い主に対する顎スリの意味
  1. 飼い主への独占欲の主張
  2. 自分の優位性を主張したい

まい

飼い主に対する顎スリの意味を行動パターン別に紹介しますね。

うさぎの飼い主に対する顎すりは独占欲の主張

うさぎの飼い主に対する顎すりは独占欲の主張
「飼い主は私のものよ」
人に対する顎スリの意味

飼い主を「自分のもの!」と主張している。懐いたウサギに多い行動でもある。

ウサギはお気に入りの物へ顎すりする感覚で、飼い主に対しても顎スリする子がいます。

「飼い主は僕(私)のもの!!」と態度で示しているんでしょうね。

ウサギの性格にもよりますが、独占欲の強い子に多い印象があります。

まい

我が家の2代目ウサギ(ヤキモチ焼き)は、捨て猫を我が家で保護していた時期に、私を一生懸命ペロペロ舐めたり、顎をスリスリしたりしてきました。

まい

おそらく私についた猫のニオイが気に食わなかったのでしょうね。

うさぎは顎すりで自分の優位性を主張している

うさぎは顎すりで自分の優位性を主張している
「仲間内で順位付けし合う」
人に対する顎スリの意味
飼い主への顎スリは「自分の方が上」とウサギが主張しているケースもある。

野生ウサギは自分よりも立場(順位)が低いウサギの頭へ、顎を乗せてスリスリして自分の優位性を示す習性があります。

飼いウサギにも優位性を示す習性が残っているので、飼い主を格下認定している可能性があるのです。

「じゃあ人に対する顎すりはやめさせた方がいい?」と悩みますが、私自身はケースバイケースだと考えています。

まい

必ずしも顎すり=順位が逆転ではないからです。

人に対する顎すりはやめさせた方がいい?

ポイント!
単純に「顎すり」だけであれば、あまり気にしなくてOK。顎すり以外に飼い主へ「噛む」や「マウンティングする」などの問題行動があれば注意が必要。

顎すりだけであれば、ウサギと飼い主の順位が逆転している可能性は低いです。

現段階では無理にやめさせる必要はなし。今後の様子に注意しながら見守ってください。

たとえば2代目ウサギは「飼い主から別の動物臭」がすると、顎すりしたりペロペロ舐めてきたりしますが、他の問題行動はゼロ。単純にヤキモチを焼いているだけな感じです。
飼い主に顎すりして甘える2代目うさぎ
3代目ウサギは2代目ウサギへマウンティング(腰振り)したことがありますが、私へのマウンティングはゼロ。たま~に私の足へ顎すりしますが、私を下に見ている感じは一切ありません。
飼い主に顎すりするけど甘えん坊な3代目うさぎ

順位が逆転している恐れがあるのは、顎すり以外の問題行動があるウサギ。

性格にもよるので100%とは言い切れませんが、「こっちが上!」とウサギが思っている可能性が高いです。

まい

ウサギは家族なのでどっちが偉いとかはありませんが、順位が逆転すると問題行動が悪化する恐れがあります。ウサギとの暮らしが辛くなる人も…

まい

お互いが気持ち良く暮らすために、上下関係を見直してみてくださいね。詳しくは下記にまとめています。
うさぎに上下関係をしつける方法《下剋上を狙う!?》順位付けで格下認定されない接し方を解説うさぎに上下関係をしつける方法《下剋上を狙う!?》順位付けで格下認定されない接し方を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA