《飼育者が語る》うさぎ用ケージおすすめランキング!後悔しない選び方のポイント教えます

《飼育者が語る》うさぎ用ケージおすすめランキング!後悔しない選び方のポイント教えます

The following two tabs change content below.
アバター
10年以上ウサギ3匹と暮らして感じた「幸せ」と「苦労」をもとに、お悩み解決案を提案します。記事最下部にコメント欄あり。気軽に育兎相談どうぞ。

「ウサギ用ケージのオススメは?大きさとか、何を基準で選べばいいの!?」

ウサギ用ケージは高いのに、高確率で買い替えする飼育用品の1つ。

ちなみに私自身は3回ケージを買い替えて、ようやく満足できるケージにたどり着きました。

「買い替えたお金があれば、最初にもっと良いケージを買えたのにな…」

とめちゃくちゃ後悔しました。

まい

そこで今回はケージ選びに失敗し続けた経験をもとに「使い勝手が良くてコスパもいいオススメケージ」を紹介しますね。
矢印の装飾
この記事でわかること
  • 失敗しないケージの選び方
  • おすすめケージ
  • 各ケージメーカーのメリットとデメリット

《選び方》後悔しない!うさぎ用ケージ選び重要チェックポイント7選

ウサギ用ケージの良し悪しは使ってみて初めてわかります。

写真は2代目ケージですが、「1代目ケージよりはマシだけど、不満に思っている点がいくつもある」のが正直なところ。

2代目ケージ
《選び方》後悔しない!うさぎ用ケージ選び重要チェックポイント7選

3回目に購入した3代目ケージでようやく満足しました。

それぐらいケージ選びって難しいんです。

3代目ケージ
3回買い替えてようやく満足したうさぎ用ケージ

ただ何度もケージ選びに失敗しただけに、ケージ選びで重要なポイントだけは熟知している自信があります。

まい

ケージを選ぶ際にチェックすべき重要ポイントを紹介しますね。
矢印の装飾
チェックポイント!
  1. 最低限引き出しがあるケージを選ぶ
  2. ウサギがゴロンしても余裕があるケージを選ぶ
  3. プラスチック製扉のケージは選ばない方がいい
  4. 替えパーツが豊富なケージは後々便利

③掃除が大変になるので最低限引き出しがあるケージを選ぶ

掃除が大変になるので必ず引き出しがあるケージを選ぶ
ポイント!
ケージに引き出しがないと毎日の掃除が大変過ぎて、高確率でケージを買い替えしたくなる。絶対に引き出しのついているケージを買った方がいい。

私はウサギ用ケージのオススメを聞かれた時に「絶対に引き出し付きにした方がいいよ」と強く言っています。

お迎えしたばかりのウサギはトイレを覚えていない子がほとんど。

まい

引き出し無しタイプのケージだと、掃除のたびにケージを分解しないといけないので恐ろしく面倒だからです。

うさぎ用ケージに引き出しがないとどれくらい掃除が大変なの?

分解後のケージ。

引き出し付きケージを選ばないと掃除が大変

引き出しがないケージだと朝晩2回ケージを分解して掃除をしないといけません。

地獄なぐらい面倒臭いです。

しかもトイレを覚えた後もケージのスノコ下には牧草やら糞が落ちるので、毎日の掃除が欠かせません。

スノコ下に牧草や糞が落ちます。

引き出し付きケージを選ばないと掃除が大変な理由②

引き出しがあると引き出しを開けるだけで掃除できますが、引き出しがないと毎回ケージの分解が待っています…

私自身が安さに目がくらんで「引き出しなしタイプ」のケージを購入したものの、あまりの面倒臭さから購入3ヶ月後には買い替えてしまいました。

まい

本当に後悔するので、最低限引き出しがあるタイプのケージを購入するのをオススメします。

② 飼育用品込みでもうさぎがゴロンできる大きさのケージを選ぶ

飼育用品込みでもうさぎがゴロンできる大きさのケージを選ぶ
ポイント!
ケージの大きさは最低限、飼育用品を置いてもウサギがゴロンできる物を選ぶ。お留守番時間が長いならウサギのストレスを考え、なるべく広いケージを用意してあげた方がいい。

ウサギは「仔ウサギ」の時は両手に乗るぐらい小さいですが、生後8ヶ月には2~3倍ぐらい大きくなります。

仔ウサギの大きさを見て小さめケージを選ぶと、成長後に手狭になる可能性があるのです。

まい

大人になった姿を想像しながら、飼育用品を置いてもウサギがゴロンできるぐらいの大きさのケージを最低限選びましょう。

うさぎ用ケージにはどれくらいの大きさが必要?

具体的にはケージの大きさが「 幅×奥行×高さ:63×50×55cm」以上あるケージがオススメです。

写真のウサギはロップイヤー(体重2.1kg)なので、ウサギのサイズとしては中型サイズですが、「 幅×奥行×高さ:63×50×55cm」のケージでも余裕でゴロンできています。

ごく一般的な大きさ。メーカーによっては「60」と表記されることが多いサイズです。

うさぎケージの大きさ「 幅×奥行×高さ:63×50×55cm」

基本的には上記の大きさであれば問題ないですが、ケージの中にいる時間が長いなら大きめケージを選んであげてください。

具体的には「幅×奥行×高さ:81×50.5×55」以上あるケージがオススメです。

写真のウサギ(1.5kg)は標準サイズのミニウサギなので、かなり広々使えています。

ゆったり過ごせるビッグサイズ。メーカーによっては「80」と表記されることが多いサイズです。
うさぎ用ケージおすすめの大きさ

まい

サイズに迷ったら大きめサイズを選ぶのをオススメします。

③プラスチック製の扉は滑るし壊れるので基本選ばない方がいい

プラスチック製の扉は滑るし壊れるので基本選ばない方がいい
ポイント!
ウサギ用ケージの扉は金属製がオススメ。プラスチック製扉はウサギが出入りの際に、滑って危ない上に壊れやすい。

我が家の2代目ウサギが使っているケージはプラスチック扉ですが、現在は扉がありません。

なぜなら購入から1~2年後には扉がぶっ壊れたからです。

壊れた扉は追加購入したフェンスをジョイント部品でくっつけて、扉代わりにしています。

まい

プラスチック扉は壊れやすい上に、「ツルツル滑ってウサギに良くないな」と感じることが多かったのであまりオススメしません。

なぜプラスチック扉のうさぎ用ケージは滑って危ないの?

写真のようなプラスチック製扉は開けるとスロープ(階段)のような状態になります。

一見便利に思えますがプラスチックなのでツルツル滑りかなり危険!

下手すると骨折する恐れだってあります。

もしプラスチック扉付きケージを買うなら、必ず出入り口に木製階段も設置してあげてくださいね。

プラスチックとブラのうさぎ用ケージが危ない理由

まい

「プラスチック製扉はオススメだよ」という意見もあるかもしれませんが、実際に使ってみた私としては、他に良いケージがたくさん中で「わざわざプラスチック扉を選ぶメリットは無い」と感じています。

④ケージの替えパーツや別売り付属品の豊富さだと後々便利

ケージの替えパーツや別売り付属品の豊富さだと後々便利
ポイント!
ケージは年月とともに汚れる。とくにトイレを覚えなかった場合は著しく汚れるので、ケージの替えパーツが豊富なケージを選んだ方がいい。

同じケージを数年使ってみるとわかりますが、汚れや破損でケージの一部を取り替えたくなります。

でもケージによっては替えパーツが売られていないケースも…

私自身も替えパーツがなくて困った経験ありです。

まい

「替えパーツの種類が豊富なのか」もしっかりチェックしてくださいね。

うさぎ用ケージの替えパーツがないとどれくらい困る?

うさぎ用ケージの替えパーツがないとどれくらい困る?
替えパーツの種類
  • スノコ(尿石汚れや破損が多い)
  • 引き出し(トイレを覚えなかった場合めちゃくちゃ汚れる)
  • ケージ用カバー(防寒対策に)…など

とくにあった方がいい替えパーツは「スノコ」と「引き出し」です。

ウサギがトイレを覚えればあまり汚れませんが、覚えなかった場合は凄まじく汚れます。

別売りパーツに買い換えればいいのですが、別売りパーツがない場合は類似品を買うしかありません。

たとえばA社ケージの専用スノコがなければ、他社ケージの専用スノコの中から形状の似ている商品を探さないといけません。
 
でもメーカーが違うと微妙にサイズや形状が違っていて、合わないケースが多いんです…

せっかく買っても形が合わせなければお金も手間もかかります。

なるべく替えパーツや専用付属品が多いケージの方が何かと便利なのです。

まい

私が知っている中では「SANKO」「KAWAI」の2社は付属品や買えパーツが多く、ペットショップにも置かれていることが多いので、個人的にオススメです。

機能性抜群コスパ良し!うさぎ用ケージおすすめランキング

5位ジェックス ラビんぐ スマートルーム

良い点
  • バリアフリー設計なので高齢ウサギに優しい
  • 引き出し付きケージなのでお掃除ラクラク
  • 扉が金属製なので安全かつ丈夫
悪い点
  • トイレ位置が変えられない
  • 四角トイレを使うならスノコを買い替える必要がある
  • 替えパーツの購入はメーカーから直接取り寄せる必要あり

高齢になると段差のあるトイレが使いづらくなるウサギがいるので、ウサギの老後まで考えて作られた優しいケージです。

ただスノコの替えパーツなどが、楽天やアマゾンでは取り扱いがないかも…少なくとも私が探した限りは見当たりませんでした(※)

※メーカーから取り寄せれば購入可能

まい

バリアフリーケージとしては有能ですが、トイレが「三角で左上固定」なので、トイレの形状や位置にこだわりがあるウサギにはあまりオススメできないと感じました。

4位マルカン うさぎのスッキリおそうじケージ

良い点
  • バリアフリー設計なので高齢ウサギに優しい
  • 替えパーツや別売り付属品が豊富
  • 引き出し付きケージなのでお掃除ラクラク
  • 引き出しの中が掃除しやすいよう3つに分かれている
  • 大きいサイズもある
悪い点
  • 扉がプラスチック製なので破損しやすく滑りやすい
  • トイレ位置が変えられない
  • 四角トイレを使うならスノコを買い替える必要がある

高齢になると段差のあるトイレが使いづらくなるウサギがいるので、ウサギの老後まで考えて作られた優しいケージだと思います。

バリアフリーケージとしては優秀ですが、トイレの形状が三角で左上固定な点には要注意。

トイレにこだわりがあるウサギだと使わない可能性大です。

まい

バリアフリー設計ではないですが同メーカーの大きめケージもあります。ケージでのお留守番が長いウサギにオススメですよ。

3位マルカン クリアケージS ・M

良い点
  • スノコの替えパーツがある
  • 引き出し付きケージなのでお掃除ラクラク
  • 引き出し付きケージなのに比較的値段が安い
  • 扉が金属製なので安全かつ丈夫
  • 「通常サイズ」または「ゆったりサイズ」が選べる
悪い点

付属品がそれほど充実していない(替えスノコはあるぐらい)

よっぽど体の大きなウサギでなければ、トイレなどの飼育用品を入れてもゴロンできる十分なスペースがあります。

ある程度の機能性と、リーズナブルな値段を兼ね備えたコスパの良いケージです。

広いケージが欲しい人にはゆったりサイズの「Mサイズ」を選ぶと◎

※3台目のケージを買う時に最後まで購入候補に残っていたケージの1つでした。

まい

なぜ買わなかったかと言うと最終的に選んだケージと比べて「価格帯が同じなのに、付属品の充実度は低かったから」です。

まい

ケージ自体は悪くありませんが、同じ価格帯なら付属品が充実しているケージが良かったので、最終的には別のケージを選びました。

2位KAWAI C・A・T  コンフォート 60・80

良い点
  • スノコなどの買えパーツがかなり豊富
  • 引き出し付きケージなのでお掃除ラクラク
  • 扉が金属製なので安全かつ丈夫
  • 「通常サイズ」または「ゆったりサイズ」が選べる
悪い点
  • プラスチック製スノコの買えパーツがない
  • ウサギの足への負担を考え休足マットも置いた方がいい
  • 値段が高い

実際に触ってみるとわかりますが、作りがかなりしっかりしています。

他のケージと比べても「丈夫だな」と感じますが、しっかりしている分お値段は高め。

品質と長く使うことを考えれば妥当な値段ですが、お財布とよく相談して購入を検討してくださいね。

まい

KAWAI C・A・Tのスノコは金属製オンリーです。

まい

ウサギの足への負担が多いので、別売りの「休息マット」を敷いてあげるのをオススメします。

1位SANKO イージーホーム エボ60・80

良い点
  • 替えパーツや付属品の豊富さNo.1!
  • 引き出し付きケージなのでお掃除ラクラク
  • 扉が金属製なので安全かつ丈夫
  • 「通常サイズ」または「ゆったりサイズ」が選べる
  • 色は「黒」「白」「ピンク」から選べる
  • 比較的値段が手頃
悪い点

とくに無し。

SANKOのケージはスノコだけではなく、引き出しまで替えパーツがあったりと、替えパーツの種類がとにかく豊富!

触ってみるとわかりますが、作りもかなりしっかりしています。

決して安くはないですが、手頃な価格帯の中では1番機能性に優れたケージだと自信を持って言えます。

まい

SANKOケージは我が家でも使っていますが掃除がしやすいですし、オシッコの伝い漏れがなかったりと機能性抜群です。

まい

コスパがいいケージを探している方にピッタリですよ。
《買ってみた》うさぎ用ケージSANKOイージーホームをレビュー!使い勝手を飼い主目線で細かく紹介《買ってみた》うさぎ用ケージSANKOイージーホームエボを口コミレビュー!良い点と悪い点を飼い主目線で細かく紹介

うさぎ用ケージは実物を1度見に行ったほうがいい

うさぎ用ケージは実物を1度見に行ったほうがいい
ポイント!
できれば1度ペットショップなどに行って「実物のケージ」を見た方がいい。複数のケージを見比べて、商品を見る目を養った方が良いケージを選べる。

ウサギ用ケージはしっかりした頑丈な商品もあれば、見るからに壊れやすそうな商品まで様々な種類が売られています。

正直こういった違いは画像でしか判断できないネット購入だと、まったくわかりません。

少し面倒ですがペットショップへ足を運び、実際にケージを見て触ってみてください。

ケージ選びに失敗した私としては、

「ウサギ用ケージってメーカーごとに、こんなにも違いがあるんだな」

と違いを知って欲しいんです。

まい

そのまま現物を購入してもいいですし、重ければネット購入するのも良し。

まい

どうしても時間が無い方は、私がオススメするケージを参考に選んで頂ければ嬉しいです。

《比較早見表》人気大手うさぎ用品店ケージ簡易比較表

右にスクロールできます。
見本

商品名

ミニマルランド

うさぎのカンタンおそうじケージ ピンク

新品価格
¥7,640から
(2020/10/1 08:26時点)

SANKO

イージーホーム エボ 60PI

新品価格
¥8,291から
(2020/10/1 08:32時点)

SANKO C62

イージーホーム エボ 80WH

新品価格
¥11,227から
(2020/10/1 08:35時点)

アイリスオーヤマ

ラビットケージ パステルグリーン

新品価格
¥3,980から
(2020/10/1 17:35時点)

マルカン

クリアケージSうさぎ用 MR-305

新品価格
¥8,207から
(2020/10/1 17:39時点)

KAWAI C・A・T

コンフォート 60

新品価格
¥12,533から
(2020/10/1 17:54時点)

マルカン

うさぎのスッキリおそうじケージ

新品価格
¥9,002から
(2020/10/1 18:11時点)

ジェックス ラビんぐ

スマートルーム

新品価格
¥11,072から
(2020/10/1 17:58時点)

安さ
普通

普通

やや高い

かなり安い

安い

やや高い

かなり安い

普通

普通

かなり安い

やや高い
付属品の充実度
普通

豊富

豊富

少ない

普通

豊富

普通

普通

普通

普通

少ない
サイズ ・普通:幅63.5×奥行50×高さ50
・ワイド:90×60×60
幅62×奥行50×高さ55cm 幅81×奥行50.5×高さ55 幅61.2×奥行45.2×高さ42.5 ・S:幅68×奥行47×高さ51cm
・M:幅82×奥行56.5×高さ60.5cm
・60:幅62×奥行47×高さ51
・80:幅77×奥行55×高さ62
幅70×奥行45×高さ53cm 幅71×奥行49.5×高さ46 ・普通:幅63×奥行50×高さ55
・ワイド:幅90×奥行60×高さ60cm
幅70×奥行46×高さ50.5 幅70×奥行54×高さ60
リンク

✔️もう1度おすすめケージのランキングを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA