【健康効果】うさぎにサプリメントは必要?不要?乳酸菌やパパイヤ酵素を与えるメリットデメリットについて解説します

【健康効果】うさぎにサプリメントは必要?不要?乳酸菌やパパイヤ酵素を与えるメリットデメリットについて解説

The following two tabs change content below.
アバター
10年以上ウサギ3匹と暮らして感じた「幸せ」と「苦労」をもとに、お悩み解決案を提案します。記事最下部にコメント欄あり。気軽に育兎相談どうぞ。

「ウサギにサプリメントは必要?乳酸菌やパパイヤ酵素でうっ滞などの病気を予防できるの?」

結論から言うとウサギ用サプリメントがうっ滞を予防するなどの、病気予防に効果があるとする明確なデータはありません。

現状はサプリメントを販売するメーカーが「効果があるよ」と言っているだけの状態です。

まい

サプリメントでウサギの健康状態が良くなったなどの口コミもあるので、私はサプリを全否定はしません。

でもサプリメントのデメリットを知った上で、ウサギへサプリを与えるか・与えないかを判断して欲しいと考えています。

  • 固形化するためにうっ滞リスクを上げるデンプン質を大量に配合
  • 油や砂糖など色んな添加物が大量に配合されている…etc.

すべてのサプリメントが上記に該当するわけではありませんが、かなり多いと考えてください。

まい

今回は「サプリの効果」と「サプリのメリット・デメリット」について詳しく解説しますね。
私の想い

「ウサギへサプリメントを与えた方がいいのか?」

と悩むのはウサギに少しでも健康で長生きして欲しいと願うからですよね。
 
私も同じ気持ちですが、1つ知って欲しい事実があります。
 
世の中にはウサギの健康に良いものではなく「商品として売れる(利益が良い)から売るメーカー」も存在します。
 
私はサプリ否定派ではありませんが、「サプリ=健康」と妄信するのは危険だと考えています。
 
なるべく中立的な立場で、1つの文章にまとめたので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

うさぎにサプリメントは必要?不要?

まい

ウサギ用サプリメントはかなり意見が分かれる商品です。まずはサプリメントの「必要派」と「不要派」の飼い主さんの意見を見ていきましょう!

サプリメント必要派の意見

ウサギ用サプリメントの中でも「WOOLY」さんが開発・販売する「うさぎのチカラ」はかなり信頼度&人気が高い商品です。

ウーリーさんは1996年に日本で唯一のウサギ専用食品メーカーとして設立した歴史あるメーカー。

現在は当たり前でも、昔は当たり前じゃなかった「牧草中心の食生活」を早くから訴えてきたメーカーでもあります。

まい

私がウサギ用サプリメントを全否定しない理由は、ウーリーさんの存在がデカイです。

ウーリーの社長さんは専門店の店舗で「うんちDEアドバイス」を開催しちゃうほどウサギ好きかつ詳しい方です。

「ココまでウサギのことを考え、実践している専門店がサプリメントを開発しているってことは、サプリ=効果なしではないのかもしれない」と少し思うんですよね。

まい

私は「うさぎのチカラ」含めサプリメント類を一切与えていませんが、完全否定もできないと感じています。
「うさぎのチカラ」はコレです。

サプリメント不要派の意見

私はサプリメント否定派ではありませんが、上記意見とほぼ同じ考えです。

ウサギの診察が得意で、経験と知識が豊富な獣医さんがサプリメントをオススメしている姿を私は見たことがないんですよね…

我が家のウサギ達のかかりつけ獣医さんも、

「全否定はしないが、効果があるとは言えない。様子がおかしいならサプリを与えるより、サッサと病院へ来て欲しい」

と言っていました。

まい

サプリメントに高い効果があるなら、サプリをオススメする獣医さんがもっといると思うんですよね…

うさぎにサプリメントを与えるメリットは?

サプリメントのメリット
  1. うっ滞(毛球症)を予防
  2. 免疫力アップや食欲増進効果
  3. ビタミン補充や毛並み改善

ウサギ用サプリメントには色んな意見がありますが、

  • なぜサプリメントを与えるのか?
  • どんな健康効果があるのか?」

まずはメリットから詳しく説明していきますね。

①乳酸菌やパパイヤ酵素でうっ滞(毛球症)を予防する

乳酸菌やパパイヤ酵素でうっ滞(毛球症)を予防する
サプリのメリット
  • 乳酸菌…お腹の調子を整えうっ滞(ガス発生など)を予防する
  • パパイヤ酵素、パイナップル…お腹に溜まった毛を溶かし、毛の排出を促す(毛球症予防)

飼い主さんがサプリメントを与える理由として1番多いのが「うっ滞予防」です。

うっ滞はウサギの死因トップに入るほど多い病気なので、「サプリメント1つで予防できるのなら…」と与える飼い主は多いです。

私自身も過去にヘアボールリリーフを与えていた時期がありました。

まい

人気が高い商品ではありますが、乳酸菌やパパイヤ酵素のうっ滞予防効果を支持する文献や研究結果はありません。

以前は毛玉そのものが悪いと思われていましたから、毛玉を溶かすと噂されているパパイヤやパイナップルを食べさせたり、毛を流し出す滑らかなペーストの薬が流行った時期がありました。しかし、これらの治療法の効果を支持する文献は一切ありません。

引用元:はる動物病院

②サプリによる免疫力アップや食欲増進効果

サプリのメリット
  • プロポリスやアガリスクで免疫力アップ
  • マツタケエキスで抗がん作用や肝機能の改善
  • アミノ酸サプリメントで栄養補給や食欲増進
  • コエンザイムQ10で内臓疾患の予防や対策…etc.

免疫力アップ系のサプリメントはたくさん種類があって、紹介しきれないので代表的なものだけ紹介しました。

どのサプリメントも科学的根拠はありませんが、

「何をやっても治らなかったソアホックが治った!」

など効果を感じている飼い主さんがいるのも事実です。

まい

一定数効果を感じている飼い主さんがいるので、科学的根拠はなくてもサプリメントのチカラを完全否定はできないと感じています。

③ビタミン系サプリで不足するビタミン補充や毛並み改善

サプリのメリット

マルチビタミン・ビタミンCのサプリメントで、不足するビタミンの補充や毛並みを改善。

ビタミン摂取で「ウサギの毛並みが改善した」などの声は実際にあります。

だから私はビタミン系サプリの効果を全否定はしませんが、牧草とペレットを食べていればビタミン類の不足は起こりにくいです。

ウサギにビタミンは必要なのか聞かれると…獣医さんに特別指示されない限り、必要ないのかもしれません。

ビタミンサプリが必要だという話があったり、乳酸菌サプリを飲んでいるとウサギさんの調子が良くなるという話があったりしますが、牧草とペレットを食べていればビタミン類の不足はほとんどありませんし、乳酸菌はウサギの腸にどのように作用しているかまだわかっていません(そもそもウサギの腸内細菌も20%くらいしか解明されていません)。

引用元:アニマルクリニックイスト

うさぎにサプリメントを与えるデメリットとは?

サプリメントのデメリット
  1. デンプンが多く含まれている
  2. 添加物が大量に配合されている
  3. 有効性がまだ証明されていない

サプリメントによる健康効果を実感している飼い主さんはいます。

私自身も効果を完全否定はできないと考えていますが、自分のウサギへは一切サプリメント類を与えていません。

サプリメントの有効性はまだ実証されていない上に、添加物が多かったりとメリットよりもデメリットの方が圧倒的目立つからです。

まい

サプリメントのデメリットを順番に説明しますね。

①タブレット化するために炭水化物(デンプン)が多く含まれる

タブレット化するためにデンプン質が多く含まれる
「ある意味炭水化物の塊です」
サプリのデメリット

タブレット化するために、コンスターチなどのデンプン質がたくさん使われている。炭水化物の過剰摂取はうっ滞リスクを高める要因になる。

サプリメントの有効成分はそのままでは固まらないので、デンプン質を配合して固めます。

この固めるためだけに配合されるデンプン質は、ウサギのお腹への負担が大きいのでうっ滞リスクを高めてしまうのです…

とくに何種類ものサプリメントを毎日与える場合は、デンプン質の過剰摂取になる危険が高いと考えてください。

まい

サプリメントには「毛玉ケア」、「うっ滞予防」、「お腹を整える」とか良いことしか書かれていませんよね。

まい

でも私はうっ滞を予防するためのサプリメントなのに、うっ滞リスクを高める成分が入っていることに矛盾を感じています。

②サプリメントには糖分や油などの添加物が大量に配合されている

サプリメントには糖分や油などの添加物が大量に配合されている
サプリのデメリット

ウサギがサプリメントを好んで食べるように、嗜好性を上げる添加物などが配合されている。ハッキリ言ってウサギの体に悪い。

すべてのサプリメントが添加物まみれとは言いませんが…かなり多いです。

よく口コミで「ウサギが大喜びで食べます」と書かれていますが、砂糖やら果物が大量に配合されているので、喜んで食べて当たり前なんです。

まい

もしサプリメントを与えるなら必ず「原材料」をしっかりとチェックしてくださいね。

③乳酸菌やパパイヤ酵素の有効性はまだ実証されていない

乳酸菌やパパイヤ酵素の有効性はまだ実証されていない
サプリのデメリット

乳酸菌やパパイヤ酵素など、色んな種類のサプリメントがあるが、効果についての科学的根拠はまだない。

今のところサプリメントの効果(うっ滞予防など)は、

「こんな効果があるんじゃないの?」

とメーカーが主張しているだけです。明確なデータはありません。

まい

サプリメント=健康で体に良いものとつい思っていまいますが、実際はうさぎの健康に良いという科学的根拠はないのです。

多くの栄養は腸内細菌によって合成されています。さらに主要な栄養素はペレットや牧草に十分含まれていますので、しっかりと盲腸便を食べることができれば、栄養素の欠乏症になることはまずありません。また、残念なことに、ウサギでエビデンス(科学的根拠)のあるサプリメントはほぼありません。そのため「サプリメントをあげる意義」があまり見出せないのが、実情です。

引用元:ウサギのハート

結局うさぎにサプリメントは必要なのか?

結局うさぎにサプリメントは必要なのか?

サプリメントに関しては実際に効果を感じている飼い主さんもいるので否定はしません。

しっかりと原材料をチェックして、「これならウサギへあげても大丈夫」と思えるものをウサギへ与えてください。

ただ…サプリメントをあげる前に試して欲しいことがあります。

サプリメントを与える前に
  • 毎日1時間は部屋んぽさせる
  • 定期的にブラッシングする
  • 牧草をこれでもか!ってぐらい食べさせる
  • オヤツを与えすぎない
  • ペレットを適量に調整する
  • 砂糖や添加物たっぷりのオヤツをやめる(チュールなど)
  • しっかりと温度管理をする(電気代をケチらない)
  • 無用なストレスを与えない

サプリメントの健康効果は実証されていませんが、上記は100%確実にウサギの健康に良い影響を与えます。

あくまで私個人の意見になりますが、短期的・長期的に見てサプリメントを与えるより高いうっ滞予防効果と健康効果があるので試して欲しいです。

まい

何よりウサギはサプリメントを与えなくても長生きします。ソースは我が家の1代目ウサギです。

【実体験】初代うさぎはサプリなしで11歳までうっ滞なしで超健康体だった

【実体験】初代うさぎはサプリなしで11歳までうっ滞なしで超健康体だった

我が家の初代ウサギは11歳でお空へ帰るまで、1度も病気をしませんでした。うっ滞もゼロです。

本当に超健康な子でしたが、特別なことは何もしていません。

1代目ウサギの生活
  • 毎日1時間は部屋んぽさせる
  • 定期的にブラッシングする
  • 牧草をこれでもか!ってぐらい食べさせる
  • オヤツを与えすぎない
  • ペレットを適量に調整する
  • 砂糖や添加物たっぷりのオヤツを与えない(チュールなど)
  • しっかりと温度管理をする
  • 無用なストレスを与えない

2代目ウサギと3代目ウサギは、1代目ウサギと比べると小さなトラブルはあるもののやはり健康です。うっ滞経験もありません。

「3匹とも元々丈夫なだけでしょ」と思うかもしれませんが、

  • 2代目ウサギは数珠便が出やすい
  • 3代目ウサギはお腹が緩い

などの体質持ちです。

何が言いたいのかというと「サプリメントを与えなくても、食生活や生活環境を整えれば健康に過ごせる」ってことです。

まい

しっかりと牧草・ペレット・盲腸糞を食べられているうちは、サプリメントを与える必要はないと私は今までの育兎経験で感じています。

まい

高齢化で食欲が減り、栄養が気になり始めたら1度獣医さんに相談しましょう。

うさぎへサプリメントを与えるよりもうっ滞予防がある食べ物とは?

うさぎへサプリメントを与えるより高いうっ滞予防がある食べ物とは?
「僕たちはたくさん食べてるッスよ」
うっ滞予防効果が高い食べ物

牧草に勝るうっ滞予防効果の高い食べ物はない。あまり食べないのであれば、食べる牧草を見つけて、意地でも食べさせる必要がある。

メーカーは色々と考えてサプリメントを販売していると思いますが、ハッキリ言って牧草に勝るサプリメントはありません。

牧草牧草牧草牧草牧草牧草牧草…とにかく牧草を与えてください!!

牧草嫌いなウサギを持つ飼い主さんは大変だと思いますが、色んなメーカーや産地の牧草を試して、ウサギに合う牧草を探しましょう。

まい

牧草探しは大変なので、手軽なサプリメントを選びたくなりますが、ココが踏ん張りどきですよ!!
《お試しあり1,000円~》うさぎおすすめ牧草チモシー5選!好みの牧草を見つける選び方も伝授《お試しあり1,000円~》うさぎおすすめ牧草チモシー5選!好みの牧草を見つける選び方も紹介

どうしても何か与えたいのであれば、私はウィートヘイをオススメします。

ウィートヘイは甘い香りと、荒い繊維が特徴のイネ科牧草です。

繊維がお腹を刺激して、排便を促す作用があるので「お腹のお掃除効果」があります。

まい

ウィートヘイは牧草なので、サプリメントよりも安心して与えられます。好むウサギが多いのでオヤツ代わりにピッタリです。
ウィートヘイを与えたら一回りウンチが大きくなりました。
うさぎへサプリメントを与えるよりもうっ滞予防がある食べ物はウィートヘイ
我が家のウサギ達にはオヤツ代わりに、一掴み程度のウィートヘイを混ぜて与えています。牧草とは思えないほど夢中で食べますよ。
我が家は牧草市場のウィートヘイを与えています。
色んな牧草を試したいなら。少量ずつ複数種類の牧草が試せる「お試し牧草パック」がオススメです。

【よく考えて】メーカーが売っているサプリがうさぎの健康に良いとは限らない

【よく考えて】メーカーが売っているサプリがうさぎの健康に良いとは限らない

私はメーカー批判がしたいわけではありません。

真面目に、真剣に、ウサギのことを考え製造販売しているメーカーはたくさんあります。

ただ中には「これ…ウサギの体を考えて作っているの?」と疑いたくなるような商品を販売する会社は本当にあります。

まい

たとえば嗜好性を上げるために砂糖や果物をたっぷり入れるなど。ウサギを不健康にしたいのかと言いたくなります。

あえて企業名や商品名は出しませんが、売られている=ウサギの健康に良いサプリメントと妄信し過ぎないでください。

私はメリット・デメリットを比較して、サプリメントを与えない選択をしましたが、どんな選択をするかは飼い主さん次第です。

もしサプリメントを与える選択をするなら与える量と、原材料に注意してくださいね。

まい

私の経験談がより良い選択のキッカケになれば幸いです、ではまた別の記事でお会いしましょう。
なぜグルテンはダメ?うさぎに小麦製品を与える危険性とデメリットを解説しますなぜグルテンはダメ?うさぎに小麦製品を与える危険性とデメリットを解説します うさぎが食べられる野草・ハーブ一覧表《効能・中毒症状・毒成分…》与え方の注意点も紹介しますうさぎが食べられる野草・ハーブ一覧表《効能・中毒症状・毒成分…》与え方の注意点も紹介します うさぎが食べられる野菜と果物まとめ《あげても大丈夫!》与える際の注意点とは?うさぎが食べられる野菜と果物まとめ《あげても大丈夫!》与える際の注意点とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA