うさぎ部屋んぽ時間と広さの目安《頻度は?何分?範囲は?》必要性と注意点も紹介

うさぎ部屋んぽ時間と広さの目安《何分?毎日?範囲は?》必要性と注意点も紹介

The following two tabs change content below.
10年以上ウサギ3匹と暮らして感じた「幸せ」と「苦労」をもとに、お悩み解決案を提案します。記事最下部にコメント欄あり。気軽に育兎相談どうぞ。

「ウサギの部屋んぽ時間の目安は?広さはどれくらい必要?」

結論から言うとウサギの部屋んぽは毎日60分以上必要です。

部屋んぽの広さは最低でも畳1~2畳分のスペースを用意してあげてください。

ケージに閉じ込めっぱなしにしたり、部屋んぽが不十分だったりするとウサギの健康に悪影響を与えます。

まい

今回は部屋んぽの「時間」や「頻度」や「広さ」の目安について紹介します。

まい

部屋んぽの「必要性」や「注意点」についても私の体験談からお伝えします。
矢印の装飾
この記事でわかること
  • 部屋んぽ時間の目安は?
  • 部屋んぽさせる時間帯は?
  • 部屋んぽさせっぱなしにする際の注意点は?

うさぎの部屋んぽに必要なものとは?

部屋んぽに必要なもの
  • サークル(必須)
  • ジョイントマットなどの敷物(必須)
  • トンネルなどのおもちゃ(なくてもOK)
  • コンセントカバー(部屋全体を開放するなら必須)

部屋んぽスペースにはサークルとマットがあれば基本OKです。

ウサギはおもちゃがなくても飛んだり、ダッシュしたりと部屋んぽを十分楽しんでくれます。

サークルとはこういう感じの柵です。ある程度の高さがないと、ウサギが飛び越えて脱走します。
うさぎの部屋んぽに必要なもの「サークル」

ただオモチャは必要ないだけで、あったら喜んで使うウサギもいます。

「オモチャをあげたい!」と思ったらプレゼントしてあげてくださいね。

我が家の3代目ウサギはよくボール遊びをしていますよ。

最初は放し飼いよりもサークル内での部屋んぽがおすすめ

最初は放し飼いよりもサークル内での部屋んぽがおすすめ
「最初はサークル内が安全ッスよ」
ポイント!

放し飼いは壁を齧ったり、予想外の怪我をしたりする恐れがある。トラブルが多いので、最初はサークル内での部屋んぽがオススメ!

基本的にウサギの放し飼いは「できない」と思った方がいいです。

  • アチコチを齧ってボロボロにする
  • そこら中にオシッコやウンチをする

とくに賃貸の方は壁を齧られると、退去時にとんでもない請求額(20万円超え)がくる恐れがあるので、サークル内での部屋んぽがオススメです。

まい

我が家のウサギ達は躾で粗相しなくなり、成長とともに壁を齧らなくなったので、現在はサークルなしで放し飼いしています。

まい

何かあってからでは遅いので、最初はサークル内で部屋んぽさせた方がいいですよ。

うさぎの部屋んぽに必要な広さは?

運動不足を予防!うさぎ部屋んぽに必要な広さの目安を紹介
部屋んぽに必要な広さ
畳1~2畳分のスペースがあればOK!2畳よりも広い分には何も問題なし。

犬と違ってウサギの散歩は広いスペースを必要としません。

最低限「畳1~2畳分のスペース(できれば2畳あれば◎)」があれば十分です。

実際に我が家の1代目ウサギは畳2畳分のスペースで部屋んぽさせていましたが、11歳でお空に帰るまで1度も病気をしなかったですし、肥満にもならなかったですよ。

ちょうどいい広さだったのだと思います。

まい

「でも広くした方がウサギに良いのでは?」と思うかもしれませんが、無理に広くする必要はないです。

部屋んぽ範囲は畳2畳あれば運動不足にはならない

部屋んぽ範囲は広い方が良い?うさぎは喜ぶ?
「我が家の部屋んぽスペース(現在)」
ポイント!
部屋んぽスペースが広いとウサギは喜ぶが、最低限畳1~2畳分の広さがあるなら運動量的には十分!健康上まったく問題ない。

リビング全体で放し飼いしている我が家のウサギ達は、暴走族並の速さでリビングを突っ走ります。

嬉しいのが見てわかりますが、ムリしてまで部屋全体を部屋んぽスペースにする必要はありません。

まい

広いスペースを用意してもウサギが思いっきり遊ぶのは最初の数分だけです。

思い出したようにダッシュする時もありますが、大半の時間をお気に入りの場所(カーテン裏や私の足元)でゴロゴロ寝て過ごします。

つまり畳1~2畳分のスペースがあれば運動量的には十分なので、部屋んぽ範囲は無理してまで広げる必要はないのです。

飼い主が「広くしてあげたいと思うなら広げる」ぐらいの軽い気持ちで考えてください。

まい

ウサギの健康やストレスを考えると、部屋んぽは「広くする」よりも「毎日する」の方が大事です。

うさぎに部屋んぽは毎日必要?頻度は?

うさぎに部屋んぽは毎日必要?頻度は?
部屋んぽの頻度
部屋んぽは毎日する必要がある。部屋んぽしないとウサギの健康に悪影響。

狭いケージの中だけでは、ウサギが十分に運動できません。

ケージに入れっぱなしだと運動不足になって、

  • 肥満になりやすい
  • ストレスになる

などの悪影響があります。

まい

ウサギに健康で長生きしてもらうには、毎日部屋んぽにさせてあげてくださいね。

飼い主の病気で部屋んぽできない日があっても大丈夫!

ポイント!
1日や2日程度であれば、部屋んぽできなくても問題なし!飼い主が病気の時にはウサギに少しだけ我慢してもらう。

私自身が独身時代に軽度の「肺気胸(肺に穴が空く病気)」になって、3日間ぐらい満足に部屋んぽさせてあげられませんでした。

医師から「トイレと食事以外は動くな」と言われていたのと、痛すぎて動けなかったんです…

ウサギはストレスだったでしょうが、体調を崩すことなく私の回復を待ってくれましたよ。

まい

飼い主が無理をして、体調不良が長引く方が大問題です。休む時はしっかりと休みましょう。

まい

そして体調が戻ったら「寂しくさせてゴメンね」と声をかけ、たっぷりナデナデするなど、いつも以上に甘やかしてあげてくださいね。

うさぎの部屋んぽ時間はどのくらい必要?

うさぎに必要な部屋んぽ時間は何分?
部屋んぽ時間の目安
1回60分程度で運動量的には十分。60分以上部屋んぽしてもまったく問題ない。

飼育書には「部屋んぽ時間は1回30~60分程度で十分」と書かれているケースが多いです。

実際にウサギを部屋んぽさせてみると、全力で遊んでいるのは最初の数分ぐらいだけ。

あとはゴロンしていたり、思い出したようにいきなりダッシュしたりするだけなので、60分程度で運動量的には足りているのだと思います。

まい

運動量的には足りていても60分以上部屋んぽさせる分には、まったく問題ありません。

各家庭のライフスタイルに合わせて、2時間でも5時間でもOKです。

ちなみに我が家のウサギは私が寝ている時間帯以外は、ずっと部屋んぽさせっ放しですが超健康体です。

まい

お迎えしてから日が浅い仔ウサギの場合は、60分も部屋んぽさせてはいけません。しばらくは短時間で切り上げてくださいね。

仔うさぎの部屋んぽ時間は1回15分から少しずつ長くした方がいい

ポイント!
仔ウサギは体調を崩しやすいので、いきなり長時間の部屋んぽはNG!1回15分から始めて徐々に時間を長くする。

お迎えして日が浅い仔ウサギは体調を崩しやすいです。

少し前まで元気だったのに、「数時間後に下痢をした」などの話を、本当によく耳にします…

すごく楽しそうであっても最初は短時間で切り上げて、徐々に部屋んぽ時間を長くしてあげてくださいね。

まい

我が家のウサギの場合は1回約10分からスタート。正確な日数は覚えていませんが、生後8か月ぐらいから「私が寝る時だけケージに戻ってもらう」スタイルになったと思います。

うさぎの部屋んぽに最適な時間帯は?

うさぎ部屋んぽに最適な時間帯は?バラバラでもいい?
「時間帯はいつでもいいッスよ」
部屋んぽの時間帯
部屋んぽさせる時間帯はいつでもOK!時間帯よりも「毎日部屋んぽすること」が重要。

部屋んぽする時間帯に決まりはありません。

毎日60分以上部屋んぽさせてあげられる時間帯ならいつでもOKです。

「朝起きて出かけるまでの間や、夜帰宅してから寝るまでの間」など、時間帯を分けて1日2回部屋んぽするのもありです。

まい

飼い主のライフスタイルに合わせて、1番都合の良い時間帯で大丈夫ですよ。

毎日決まった時間帯に部屋んぽさせる必要はない

毎日決まった時間帯に部屋んぽさせた方がいい?
「時間帯がバラバラでも大丈夫よ」
ポイント!
日によって部屋んぽの時間帯がバラバラでも大丈夫。毎日部屋んぽできるのであれば細かく考える必要はない。

毎日決まった時間帯に部屋んぽする必要はありません。

日によって「朝の7時」や、「夜の21時」にスタートする時があっても問題なし!

我が家も部屋んぽする時間帯がけっこうバラバラでしたが、ウサギは超元気です。

まい

毎日部屋んぽで運動させてあげるのが重要なので、時間帯は関係ありません。決まった時間にスタートできなくても、まったく問題ないので安心してくださいね。

部屋んぽ中に注意すべきこととは?

ウサギにとって部屋んぽは楽しみな時間ですが、実は事故やトラブルも多いです。

部屋んぽの注意点
  • 電気コードをかじって感電
  • 誤飲による事故
  • 床が滑って怪我
  • 壁や家具がかじられてボロボロ
  • マーキング問題(粗相)

部屋んぽの注意点と対策について詳しく紹介しますね。

1.電気コードをかじって感電

部屋んぽ中の事故で多いのが「電気コードをかじって感電」です。

ウサギはなぜか電気コードが大好きなので、行動範囲内にあればかじります。

コンセントに繋がっていれば感電する恐れがあるので、必ず撤去してください。

高い位置に置いていたのですが、私の不注意でウサギが登ってしまいかじられてしまいました。幸いコンセントにさしていなかったので無事でしたが、大反省の出来事です…
部屋んぽ中に気をつけること「電気コードで感電」
100均にこういうカバーがありますが、ウサギはカバーさえもかじります。コード類は完全に撤去するのをオススメします。
電気コードを保護するコンセントカバー

2.食べてはいけないものを誤飲

部屋んぽ中の注意点「観葉植物などの誤飲」

部屋んぽ中はウサギの誤飲に注意してください。

紙やダンボール

飼い主が落とした人間の食べ物

観葉植物や花…etc.

誤って食べるとお腹の調子が悪くなったり、急死したりする恐れがあります。

まい

ウサギは食べていいものと、食べてはいけないものの判断ができません。

まい

誤飲に繋がるものはすべて撤去してあげてくださいね。

3.床が滑って怪我

部屋んぽ中の注意点「床で滑って怪我」

「床に何か敷いてね」

フローリングで部屋んぽさせると、滑った拍子にウサギが怪我をする恐れがあります。

ウサギの足裏は毛で覆われているんで、踏ん張りがききません。フローリング上だと滑ってしまいます。

そのため急にダッシュしたりすると変な転び方をしたり、体をどこかに打ち付けたりで危ないんです…

まい

フローリングでの部屋んぽはウサギの足への負担が大きいです。

まい

かならず何かしらマットを敷いて部屋んぽさせてくださいね。
【比較口コミ】うさぎ部屋んぽ床材を齧る・滑る・粗相…悩み別おすすめマットを紹介【比較口コミ】うさぎ部屋んぽ床材を齧る・滑る・粗相…悩み別おすすめマットを紹介

4.壁や家具をかじられる

部屋んぽ中の注意点「壁や家具をかじられる」

「対策しないとボロボロになります」

部屋んぽ中は壁や家具への破壊行為に注意してください。

ウサギは壁や家具を齧るのが大好きです。何の対策もせずにウサギを部屋に解き放てば、あっという間に部屋がボロボロになります。

  • サークル内だけで部屋んぽさせる
  • かじり対策を徹底した上で放し飼いする

どちらかの対応が必要です。

まい

ちなみに我が家では厳重に対策した上で、リビング全体で放し飼いしています。
【100均対策】うさぎの壁・柱・角かじり防止対策!かじる理由としつけ方は?賃貸を守る保護方法は?【100均対策】うさぎの壁・柱・角かじり防止対策!かじる理由としつけ方は?賃貸を守る保護方法は? 【わがまま化】うさぎを放し飼いするメリットとデメリットとは?危険性、リスク、怪我や事故…完全放し飼いの良い点と悪い点まとめ

5.マーキングで部屋が汚れる

部屋んぽ中の注意点「マーキングで汚れる」

部屋んぽ中の悩みナンバーワンと言っても過言ではないのは粗相問題(マーキング)です。

  • あちこちにオシッコしまくる
  • 飼い主へオシッコをぶっかけてくる
  • オシッコを飛ばす…etc.

我が家のウサギ達はトイレ成功率100%ですが、盛大に粗相をやらかしていた過去があります。

まい

ウサギが部屋んぽ中に粗相する主な原因は縄張り拡大への執念、発情、広さです。

まい

一言では書ききれないので、よかったら下記記事もチェックしてみてください。
【粗相改善】うさぎが部屋んぽ中にトイレ以外でオシッコする原因とは?しつけ方法を紹介【粗相改善】うさぎが部屋んぽ中にトイレ以外でオシッコする原因とは?しつけ方法を紹介 【準備まとめ】うさぎは放し飼いできる?いつから?レイアウト、寝る時、床…完全放し飼い対策を紹介【準備まとめ】うさぎの放し飼いはいつから?トイレは?レイアウト、寝る時、床…完全放し飼い対策を紹介

うさぎに部屋んぽが必要な理由とは?

部屋んぽが必要な理由
  • 肥満の防止
  • ストレス解消
  • 健康寿命が伸びる
  • うっ滞の予防
  • 牧草をよく食べる

「でも毎日部屋んぽさせるのは面倒だな…」

と思うかもしれませんが、部屋んぽはウサギの健康を守るために必要なお世話です。

ウサギに長生きして欲しいなら絶対に部屋んぽさせてください。

まい

ウサギに部屋んぽが必要な理由を5つ紹介しますね。

①肥満防止になる

部屋んぽはうさぎの肥満防止になる

部屋んぽ=運動なので肥満予防になります。

部屋んぽ中はゴロゴロしている時間の方が多いです、ケージに入れっぱなしにするより、確実に運動量は多いです。

まい

肥満は万病の元なので、毎日の部屋んぽは必須ですよ。

②ストレス解消になる

部屋んぽはうさぎのストレス解消になる

部屋んぽはウサギのストレス解消になります。

人間だって365日24時間家から一歩も出れない状態だとストレスがたまりますよね。

私はウサギも同じだと思うのです。

まい

ウサギは部屋んぽ大大大好きで、毎日心待ちにしています。ぜひぜひ毎日部屋んぽさせてあげてくださいね。

③健康寿命が伸びる

部屋んぽでうさぎの健康寿命が伸びる

部屋んぽでウサギの健康寿命は伸びます。

人間もですが「運動をまったくしない人」と「運動を日課にしている人」とでは、運動を日課にしている人の方が健康寿命が長い傾向がありますよね。

ウサギは人間ではありませんが、毎日しっかりと部屋んぽしていた方が、高齢になった時の「足腰の強さ」に差が出ると思うのです。

まい

実際に毎日しっかり部屋んぽしていた我が家の1代目ウサギ(享年11歳)は介護ゼロ!おじいちゃんとは思えないほど足腰がしっかりしていましたよ。

④うっ滞予防になる

部屋んぽはうさぎのうっ滞予防になる

部屋んぽでウサギの死因で多いうっ滞(お腹の病気)リスクを下げられます。

関係ないように思えますが、運動はウサギの消化管(胃や腸)の動きを活発にしてくれるので、うっ滞予防になるのです。

人間と暮らしていく環境で、様々なストレスや運動不足、繊維の少ない食事などの悪条件が重なると、ウサギさんの消化管(胃や腸)の動きが低下してしまいます。

引用元:あおぞら動物病院「うさぎの消化管うっ滞」

⑤牧草をたくさん食べるようになる

部屋んぽでうさぎが食べる牧草量が増える

しっかりと部屋んぽしていると、ウサギがモリモリ牧草を食べてくれます。

牧草はウサギの健康を左右する超重要な食べ物です。

たっくさん食べてもらう必要があるのですが、部屋んぽ不足だと牧草を食べる量が減ってしまいます…

まい

人間だって動いていないのに、大量の食べ物を出させて「食べてよ!」と言われても無理ですよね。

まい

モリモリ牧草を食べてもらうには、毎日の部屋んぽが欠かせないのです。

うさぎに部屋んぽさせないとどうなる?

うさぎに部屋んぽさせないとどうなる?
「部屋んぽはさせて欲しいッスよ」
部屋んぽ不足の悪影響

部屋んぽさせないでいるとウサギの病気リスクが高まる。事情があったとしても、部屋んぽはさせた方がいい。

部屋んぽさせない方は「させたくない」のではなく「事情があってできない」が多いと思います。

  • 忙しすぎて部屋んぽ時間を作れない
  • ウサギの粗相が多すぎて部屋んぽできない
  • ウサギが齧るから部屋んぽできない…etc.

大変ですよね。気持ちは痛いほどわかります。

まい

でも部屋んぽさせないでいるとウサギの病気リスクが上がってしまうので、工夫して部屋んぽさせてください。

1度想像しましょう。

「大変だから」の理由で、小さな子供が部屋に閉じ込められっ放しになっていたらどう思いますか?

自分が365日24時間狭い部屋に閉じ込められっ放しになっても平気ですか?

ウサギは人間ではありませんが、ウサギにも自由な時間が必要だと私は考えています。

まい

部屋んぽ中の「齧る」や「粗相する」は改善する可能性があります。よかったら下記記事を参考にして、改善できそうな部分は改善しましょう。
【粗相改善】うさぎが部屋んぽ中にトイレ以外でオシッコする原因とは?しつけ方法を紹介【粗相改善】うさぎが部屋んぽ中にトイレ以外でオシッコする原因とは?しつけ方法を紹介 【比較口コミ】うさぎ部屋んぽ床材を齧る・滑る・粗相…悩み別おすすめマットを紹介【比較口コミ】うさぎ部屋んぽ床材を齧る・滑る・粗相…悩み別おすすめマットを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA