【あげすぎ注意】うさぎのおやつはいつから?頻度は?どのくらい与えていいのか目安量を紹介

【あげすぎ注意】うさぎのおやつはいつから?頻度は?どのくらい与えていいのか目安量を紹介

The following two tabs change content below.
アバター
10年以上ウサギ3匹と暮らして感じた「幸せ」と「苦労」をもとに、お悩み解決案を提案します。記事最下部にコメント欄あり。気軽に育兎相談どうぞ。

「ウサギのオヤツはいつから?オヤツを与える頻度や量の目安は?」

結論から先に言います。

  • 生後3ヶ月を過ぎたらオヤツOK
  • オヤツの量は体重の3~4%が目安(あとは飼い主が加減)
  • 野菜や野草なら毎日与えて良い(果物は毎日NG)

「いやいや、慎重過ぎるでしょ」と思うかもしれませんが、生後3ヶ月未満のウサギに多量のオヤツを与えると下痢する危険が高いです。

最悪の場合、下痢の悪化で死亡する恐れも…

大人ウサギでもオヤツをあげすぎと、健康面でのデメリットやリスクがたくさんあります。

まい

今回は安全にオヤツを与えられるように、ウサギの「オヤツ開始月齢・1回量・頻度の目安」について詳しく紹介しますね。

この記事でわかること
  • オヤツはいつから?
  • オヤツの量や頻度の目安は?
  • オヤツをあげすぎるとどうなる?

いつからうさぎにオヤツをあげてもいい?生後何ヶ月から?

いつからうさぎにオヤツをあげてもいい?月齢は?
「仔ウサギは下痢しやすいよ」
おやつはいつから?

オヤツをあげて大丈夫になるのは、お腹の状態が安定する生後3ヶ月以降。生後4ヶ月以降だとより安心。

参考書籍「よくわかるウサギの食事と栄養P115」著者「大野瑞絵」

仔ウサギに慌ててオヤツを与える必要は一切ありません。

早すぎるオヤツは仔ウサギへの負担が大きいからです。

仔うさぎは生後3週間は母乳のミルクオイルクロットが病原微生物を防ぎます。
3週齢で離乳して盲腸の微生物叢が安定するま生後3ヶ月位はウサギにとって細菌性腸炎をおこしやすい時期です。

引用元:オダガワ動物病院

母乳を飲んでいる間は母乳に含まれるミルクオイルクロットが病原微生物を防ぎます。

しかし離乳すると母乳からの免疫が無くなるため、盲腸の微生物叢が安定する生後3ヶ月までは、細菌性腸炎(下痢)をおこしやすい時期だからです

まい

体力・免疫力の低い仔ウサギにとって下痢は「死」の危険がある危険な病気です。

まい

生後3~4ヶ月になったら「ぼちぼちオヤツを与え始める」ぐらいのゆったりした気持ちで十分ですよ。

うさぎの様子からおやつを始める月齢を判断するのも大事

ポイント
お腹の強さは個体差がある。月齢ではなくウサギの様子からオヤツを始める時期を判断すると◎

たとえば我が家の1代目・2代目ウサギはお腹が強い子です。

生後3ヶ月を過ぎたら少しずつオヤツを与え始めました。

私は生野菜や野草が大好きよ。
おやつを与え始めた時期(2代目うさぎ)
「2代目ウサギ”はなちゃん”」

一方で3代目ウサギは我が家へきた直後はウンチが緩かったり、いびつだったりとトラブルが多かったです。

念のため生後4ヶ月後半ぐらいからゆっくりとオヤツを与え始めました。

僕は少しでも生野菜や生果物を食べると下痢しちゃうんだ。
おやつを与え始めた時期(3代目うさぎ)
「3代目ウサギ”ふわちゃん”」

お迎え後に何らかのトラブルを起こした子は、デリケートな個体である可能性が高いです。

「生後3、4ヶ月になったからオヤツをあげる」のではなく、「体がしっかりしてきたらオヤツをあげる」がベストですよ。

仔うさぎ期からおやつを与えると 好き嫌いが減るメリットがある

仔うさぎ期からおやつを与えると 《好き嫌いが減る》 メリットもある
「経験が大事なんだよ」」
メリット
仔ウサギ期に色んな種類の野菜や野草を与えておくと、大人になってからの偏食が少ない。好きなオヤツがあると食欲低下時・しつけ時にも助かる。

野生のウサギは仔ウサギ期に、お母さんウサギから食べられる牧草や野草などをもらって、自然と食べていい食べ物を学びます(参考元:ゆず動物病院)

逆に仔ウサギはお母さんウサギから与えられなかった食べ物は、大人になってからもなかなか食べようとしません。

飼いウサギにもその習性が残っているため、仔ウサギ期に色んな種類の食べ物を与えておくのはオススメです。

実際に我が家の2代目ウサギは小さな頃に与えていなかった「ほうれん草」と「小松菜」は食べようとしません(※)

※個体差があるので小さな頃に食べなかったものでも、平気な顔で食べるウサギもいます。

まい

オヤツがキッカケで食欲不振から回復するケースは多いです。

まい

与え始める時期には注意が必要ですが、仔ウサギ期からオヤツを与えるメリットは大きいですよ。

うさぎのおやつ量と与える頻度の目安は?

オヤツの種類与える量
(1日量)
頻度
生野菜・生野草体重の3~4%程度

毎日OK

乾燥野菜・乾燥野草体重の3~4%程度

毎日OK

生果物ごく少量にとどめる

ごくたま~に(毎日はNG)

乾燥果物ごく少量にとどめる

ごくたま~に(毎日はNG)

チュールやゼリーなどの加工されたオヤツ与えない与えない
サプリメント系オヤツ袋の記載量を守る
(あげすぎ注意)
袋の記載量を守る

ウサギのオヤツ量に関しては色々な意見があります。

獣医さんよっては「一切必要ない」と言われたり、「体調を崩さない程度に」と言われたりと意見はバラバラです。

そのため私は体重1キロに対し3~4%を目安に、生野菜または乾燥野菜をオヤツとして与えています。

感覚的には「少なっっ!!」と感じる量で十分です。

我が家のウサギ(体重2.1キロ)に与えているオヤツ量はコレぐらい。けっこう少ないですよね。
《どれくらいなら大丈夫?》うさぎに与えるおやつの量と頻度
果物に関しては爪切りやブラッシングを頑張った時に、ごく少量与える程度です。かかりつけ獣医さんには、「果物は月に多くて3~4回まで」と指導されました。
うさぎのおやつ量と与える頻度の目安は?

上記の量であれば牧草の摂取量が減ることなく、オヤツがウサギとの良いコミュニケーションツールとして活躍してくれます。

あくまで目安なので最終的には飼い主さんの判断で与える量を加減してくださいね。

うさぎに与えるおやつ量は徐々に増やす

うさぎのおやつ量は徐々に増やすのも超重要!
「下痢する恐れがあるわよ」
ポイント!

いきなりオヤツをポンっと与えると下痢するウサギがいる。オヤツはごく少量から徐々に量を増やした方が安全。

ウサギへオヤツを与える時は、「小さなタンポポの葉1枚」ぐらいから始めましょう。

たまに知恵袋などで、

「ウサギへキャベツの葉を1枚あげたら下痢しました。大丈夫ですか?」

などの質問を見かけるぐらいウサギは下痢しやすいからです。

まい

オヤツ量はウサギの様子を見ながら徐々に増やしてくださいね。

うさぎのおやつ量とあげる頻度に関する注意点とは?

オヤツ量と頻度の注意点
  1. 甘いおやつを毎日多量に与えない
  2. 牧草を食べる量が少ないならオヤツ量を見直す
  3. 添加物たっぷりのオヤツは与えない
  4. 仔ウサギに毎日・多量のオヤツを与えない

オヤツはウサギと飼い主の良いコミュニケーションツールとなりますが、与える量や頻度によってはウサギの健康を害します。

おまけにオヤツの量や頻度が適切であっても、体質的に下痢しやすいウサギには、オヤツを一切与えない判断も大事です。

まい

オヤツ量と頻度の注意点を、実際にあったトラブルを元に詳しく説明しますね。
矢印の装飾

①うさぎへ甘いおやつを毎日あげすぎてはいけない

①うさぎのおやつで「果物」は毎日多量に与えない
注意点①
甘いオヤツ(果物)は糖分などが多いので毎日与えるのはオススメしない。果物は「しつけが成功した時の特別オヤツ」の位置づけで与えると◎

ウサギは甘いものが大好きなので、果物をあげるとスゴく喜びますが、健康を考えると毎日与えるのはオススメしません。

肥満や虫歯の原因になったり、お腹の調子を崩す恐れがあったりするからです。

野菜・野草・ハーブでも十分ウサギは喜ぶので、オヤツは野菜類メインがオススメですよ。

まい

私自身も果物は1~2ヶ月に1回程度しか与えていませんよ。

乾草やペレットのほかに、「おやつ」として少量の新鮮な野菜や野草を与えていただくのも良いでしょう。

果物も含めた甘いものも好みますが、これらはごく少量にしていただいた方が良いと思います。

引用元:いるか動物病院

②おやつをあげすぎると牧草を食べる量が減って危険

②うさぎ牧草の摂取量が少ないなら「おやつ量を見直す」
「牧草が1番大事だよ」
注意点②
ウサギはオヤツ量が多いと、牧草を食べる量が減る。牧草を食べないと病気リスクが上がるのでオヤツ量を見直した方がいい。

ウサギは牧草よりもオヤツが大好きなので、与えられればたくさん食べます。

「オヤツでお腹いっぱいだから牧草はいらないや」と牧草を食べなくなってしまいやすいんです。

  • 胃腸の動きが悪くなる「消化管うっ滞」
  • 歯の噛み合わせが悪くなる「不正咬合」

牧草を食べる量が少ないと、上記の病気リスクをあげるので、オヤツ量を見直しましょう。

まい

ウサギにとって大事なのはオヤツよりも牧草!牧草!牧草です!!!

まい

オヤツよりも牧草優先してくださいね。

③うさぎへ添加物たっぷのおやつはそもそも与えない

③添加物たっぷのおやつはうさぎに与えない
「シンプル素材のオヤツが1番安心」
注意点③
市販のウサギ用オヤツ=安全とは限らない。砂糖や油などウサギにとって不要な成分が入ってるオヤツは与えない方がいい。

「ウサギ用オヤツ」と書かれている市販品であっても、ウサギにとって不要・害のある成分が入ったオヤツはたくさんあります。

とくに要注意なのは「チュール」「クッキー」「ゼリー」の名がつく商品です。

市販品だからと言って安心せずに、「パッケージ裏にかかれている成分表」を見て、ウサギに与えるか・与えないかを判断してください。

まい

「チュール」「ゼリー」は当たり前かのように砂糖が入っているケースが多いので、個人的には選択肢から外した方が安心だと考えています。

④サプリメント系おやつはあげすぎると健康に悪影響

サプリメント系おやつは与える量が多いと健康に悪影響
注意点④

サプリメント系オヤツは成分を固めるためにデンプン質を多く使っている商品が多い。うっ滞リスクが上がるため、与える量に注意した方がいい。

デンプン質の摂り過ぎは、ウサギの死亡原因で多いうっ滞リスクを高めます。

サプリメントって何だか健康に良いイメージがありますが、デンプン質の塊みたいな商品が多いので、ウサギへ与える際は注意が必要です。

ちなみに私はメリット・デメリットを考えた上で、サプリメント類は一切与えていません。

まい

サプリメントについては賛否両論あるので、色んな意見を見聞きしてからウサギへ与えた方がいいですよ。

⑤子うさぎにおやつとあげすぎると下痢する恐れがある

④子うさぎに毎日多量のおやつを与えない
「仔ウサギは下痢に注意ッスよ」
注意点⑤
仔ウサギは内蔵が未発達。牧草とペレット以外の食べ物を与えると下痢を引き起こし、最悪の場合死に至る。

内蔵が未発達の仔ウサギに、大人ウサギと同じ量のオヤツを与えると、下痢する恐れがあります。

月齢によっては少量であっても下痢をします。

仔ウサギが下痢を引き起こすと急激に症状が悪化し、死に至るケースも…

まい

仔ウサギへオヤツを与える時は「過保護」ぐらいの感覚で丁度良いですよ。

⑥うさぎの体質によっては一切おやつを与えない

⑤うさぎの体質によっては一切おやつを与えない
「うちの子も下痢しました…」
注意点⑥

体質的にオヤツで下痢しやすいウサギがいる。オヤツでお腹の調子が崩れるようであれば、牧草とペレット以外は与えない。

我が家の3代目ウサギは元々お腹が弱い子です。

注意してオヤツを与えていましたが、ある日「小さな大葉を2枚」与えただけで写真の軟便をしました(生後5ヶ月頃)

何かあってからでは遅いので、3代目ウサギには牧草とペレット以外は与えないことにしています。

まい

ウサギによっては「オヤツを与えない選択」をしてあげてくださいね。
ウサギが食べられるもの・食べられないものが細かく記載されています。ライフステージ別の食事や、介護食に関する詳しい情報があるので1冊あると安心です(私も持っています!)
ウサギが食べられる野菜・果物・野草・ハーブ類をまとめました。
うさぎが食べられる野菜と果物まとめ《あげても大丈夫!》与える際の注意点とは?うさぎが食べられる野菜と果物まとめ《あげても大丈夫!》与える際の注意点とは? うさぎが食べられる野草・ハーブ一覧表《効能・中毒症状・毒成分…》与え方の注意点も紹介しますうさぎが食べられる野草・ハーブ一覧表《効能・中毒症状・毒成分…》与え方の注意点も紹介します 【絶対にあげてはダメ!】うさぎが食べられないもの一覧表~野菜・果物・草・花【絶対にあげてはダメ!】うさぎが食べられないもの一覧表~野菜・果物・草・花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA